RESEARCH
有限温度・密度の量子色力学(QCD), 相対論的重イオン衝突の理論的研究

原子核を構成する陽子と中性子(核子), それを構成するクォークとグルーオン多体系の 物理を研究しています. 私達の重さのほとんどは, 原子中心に陽子と中性子が凝集した 原子核が担っています. 陽子や中性子も, クォークとグルオンの複雑な束縛状態であり, その基本法則が量子色力学です. しかし, 原子や原子核の場合と異なり, クォークあるいはグルオンを単体で取り出すことはできません. このクォークやグルオンの物理を解明するために, 原子核衝突や中性子星の芯部・初期宇宙など, その自由度が顕在化する状況を研究対象にしています.

Seminar/Journal Club

Publication

Ms/Dr Thesis

Schedule


MEMBER
Current Members
身分 名前 居室 内線 mail
助教 藤井宏次 16-323A 46511 hfujii
*mailは@hep1.c.u-tokyo.ac.jpを付けてください.  

Former Members

ACCESS
Access

東京大学 大学院総合文化研究科 相関基礎科学系
〒153-8902 東京都 目黒区 駒場 3-8-1
素核代表電話 03-5454-6562
FAX 03-5454-6890

MAP

東大駒場キャンパスまでのアクセスはこちらをどうぞ.